医師転職情報局

医師求人と手取りについて

医師求人は、いたるところで、いたる地域の病院で行われており、むしろ医師を募集していない病院の方が少ないと言われているほど、人手不足となっています。

このことは漫画や映画でも題材にされるほど、地域では医師不足が深刻であり、そのため、給与などを通常よりも高く設定しても、それでも医師が集まらない地域などもあるほどです。

手取りについては、医師の年収は1000万円から2000万円はありますので、手取りにしてもおよそ900万円はくだらないという、トップクラスの年収となっています。そのため、お金で困ることはないお仕事です。

医師求人を給与別で探す

医師求人を探す場合、医師の転職を考えている人で多い理由として給与を挙げています。

勤務の時間に対しての収入を考えると割に合わないことで、今いる職場よりも待遇の良いところを医師求人から探す人もたくさんいます。

こうした人がよりよい就職・転職をするには、求人サイトを活用する方法が適しています。求人を探す人が求める条件はさまざまですが、医師求人では高額給与の案件も紹介されており、自分が希望する月給の額から求人を探すこともできます。

求人サイトでは自分の希望に合った条件で募集案件を絞り込む機能があるので、より的確に自分に合った就職先を探すことができます。

眼科の医師求人でチェックすべきポイント

眼科の医師求人でチェックすべきポイントは色々ありますが、その中でも待遇面をよく確認することが大切です。給料の額や休日日数はどれ位なのかしっかりとチェックしなければ働いた後に後悔することにも繋がり兼ねないので、その点は十分に注意する必要があります。

また眼科医の中には将来独立開業を考えている人が沢山いますが、その場合には独立開業を指導してくれる経験豊富な医師がいるかどうかをチェックすることも重要です。医師求人によってそのようなことも分かるので、独立開業を考えている人はその点についてもしっかりと確認をした方が良いです。

女性の医師求人に求められること

女性が医師を続けるためにはさまざまな環境の変化を乗り越える必要があります。その大きな分岐点となるのが、出産、育児です。年々、女性医師は増加しているという結果がありますが、30代半ばごろにかけて、就業率が右下がりとなる傾向にあります。

出産や子育てにより、医師の仕事を離れることが多いようです。職場復帰するには、保育施設の確保や、職場の理解、医師ならではの当直の免除など、さまざまな条件が必要になってきます。医師求人で検討する際も、それらの条件が優遇される場所が好まれますし、働きやすい職場環境を整える医療機関も増加してきています。

よい医師求人を効果的に探す為に注意すべきこと

良い医師求人を効果的に探すためには、まず良いエージェントを見つけることが大切です。医師の仕事は一般の仕事と異なり高い技術と経験を必要とするものですが、その技術と経験を正当に評価してくれる職場や上司と出会う事がなかなか難しいからです。

一般的に現代の多くの病院は良い医師をできるだけ安い賃金で雇用しようと考えるため、良い環境で働くためには専門的な視点で交渉してくれるエージェントの力が不可欠です。

また、エージェントによっては病院と良い関係を築いている場合も多いため、公表されない良い医師求人を持っている場合もあり、頼りになる事が多いものです。

ドクターの減少と医師求人

医師求人は絶えません。医大を卒業するまでは厳しい道のりであり、学費も明らかに高額となります。基本的には親の事業を引き継いだり、医師の減少を抑制する為に医療の道へ進ませる者が多いですが、単独でストレートに医師の免許を取るのは難しい問題があります。

医師の求人も幅が広く、精神科や内科、外科や歯科と募集は何かと多いです。患者とドクターの数を比較すれば前者の方が決定的に勝りますから、必然的に医療業界が求人を募るのは無理がない事となります。仮にドクターの資格を持つ者が何処かの医療系求人に募集に乗る場合には、採用率は非常に高めです。

医師求人や募集の関連記事

当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。医療転職情報局では、知っておきたい医師転職をするための情報を中心に、医師求人や医師募集を探して就職する際に抑えておきたいポイントについてご紹介しています。非常勤医師や医師アルバイトのコンテンツもおすすめです。